​小児矯正 時期

子供の矯正は、①6歳から小学校中学年までと、②小学校高学年から中学生くらいまでに分かれます。

①は顎の骨格の矯正が中心となり、②は歯列矯正が中心となってきます。

歯科矯正のメリット

適切な顎の成長を促したり、抜歯の必要性が少なかったりと、子供の矯正に、さまざまなメリットがあります。

顎の成長を整えられる

特に、永久歯の生えそろっていない時期は、顎の成長を整える矯正が主体です。この時期に矯正すれば、上下の顎のバランス・大きさを整えやすいメリットがあります。

抜歯の必要性が少ない

大人の場合は、歯列を整えるために抜歯をするケースもあります。子供の矯正の場合は抜歯を伴うようなケースが少ないといえます。

​反対咬合 RAMPA

一般的な反対咬合は将来的な外科処置が基本です。

​しかし当院では成長期にしか出来ない”上顎を引っ張る処置やアゴの成長に合わせた処置を行う事で、これを改善できる方法を検討します。

​保険の適用について

基本的に保険適用外です。しかし、顎変形症と認定された場合は、外科手術を経ることで、保険の適用が可能なケースもあります。

歯科矯正の料金

矯正はお金が掛かるイメージがあります。もちろん保険適用外での治療のケースがほとんどだからです。しかし、場合によてはマウスピースのみで歯並びが整うケースもあります。一度診察される事をお勧めします。

矯正は、顎の成長が終わった大人よりも、子供のうちに治しておいた方が、良い場合が多いです。迷われている方は、ご相談下さい。良いご提案ができると思います。

​なるべくワイヤーを入れない処置をしたい

歯科矯正と言えば、銀色のワイヤーをイメージされる方が多いと思います。しかし当院では”ベロ”や”ほっぺた”の機能を見定めて、マウスピースで矯正を行う”マウスピース矯正”を第一に検討します。

​もちろん通常のワイヤーを選択する場合もございますが、成長期の子供特有の順応性の高さ・体の柔らかさなどを活用できれば、マウスピースで矯正できる場合もございます。一度ご相談ください。

大浦歯科医院

​唐津市山本484-3

JR筑肥線山本駅 徒歩3分

​駐車場12台程あります

電話​:0955(58)8676

このホームページは​私(大浦一典)の友人が作成しました

© 2018 created by  office はじめて web